四谷駅前治療院ブログ

四谷のはり灸整骨院

肉離れ】について②

肉離れに電気鍼

こんにちは四谷駅前治療院(はり灸整骨院)です。

ふと思ったんですが、今年も残りわずか…はやいものですね~

今回は前回に引き続き『肉離れ』の症状と経過についてです。

 

まず、肉離れの症状のメインは運動時痛でしょう。損傷した部位に対しての筋収縮による痛みです。それから損傷部位への圧痛と場合によっては陥凹を触知できます。時間が経つにつれて、表皮に内出血が出現してくるので見た目にもわかるようになってきます。

 

次に痛みの経過です。損傷の度合いにもよりますが2~3日程度は痛みや違和感が強く、歩くなどの日常動作に支障をきたします。なかには1週間くらい痛みが持続してしまう方もいます。損傷の度合いによって障害のレベルも変わってくるということです。

 

ここで肉離れのステージを説明します。

1度(軽度):筋腱の微小な断裂

2度(中度):筋腱、筋膜の部分断裂または不完全断裂ともいう

3度(重度):筋腱、筋膜の完全断裂

このようなステージに分けられます(※完全断裂はまれで、オペが必要になることがある。)肉離れのほとんどが1度から2度の範囲で起こることが多く、一般的に保存療法にて様子を診ていく形なります。

太もも裏の肉離れ

最後に治療からリハビリについて考えていきましょうsmiley

肉離れは受傷した直後から救急処置であるRICE(ライス)処置をして、少しでも症状の悪化を防ぐことが大切です。そして、痛みが治まってくるまで、テーピングや包帯、またはサポーターなどによって固定して様子をみます。

 

受傷した部位の損傷を悪化させないように固定しながら、松葉杖などで荷重をかけないようにしていきます。どのくらいの期間かは症状次第です。数日は、痛みや違和感が強くでますので、それによって日常生活に支障がなくなるまで処置を続けるべきだと思います。

 

痛みがなくなってくる段階で、軽めのマッサージやストレッチを行うようにしていきます。状態をみてその強度を徐々に上げていき、受傷後3~4週程度でほぼ完治ではないでしょうか(※程度で違いはある)。

 

運動している方など、いきなりその競技に復帰するのではなく、完治した段階からその種目に準じた動きを軽く許可します。これに関しても同じように徐々に強度を上げていき、復帰するという感じです。この場合は受傷から1~2ヵ月くらいかかってしまうのではないでしょうか。

 

肉離れは放置すると瘢痕といって、かたまりのようなものが受傷した部位に形成されてしまいます。この瘢痕が再受傷のきっかけになってしまうので、放っておかないようにしてもらいたいです。

四谷駅前治療院(はり灸整骨院

JR四ツ谷駅四谷口から徒歩2分、地下鉄2番出口から徒歩30秒

平日10:00~21:30

土曜10:00~15:30(日曜祝日は休診)

東京都新宿区四谷、四ツ谷、四ツ谷駅、四谷三丁目駅、市ヶ谷駅、曙橋駅、新宿区四谷、四谷しんみち通り、M&Mビル7階にあるはり灸整骨院です。お近くに在住在勤在学の皆様、交通事故治療・マッサージ・鍼治療・むち打ち・寝違え腱鞘炎四十肩腱鞘炎坐骨神経痛肉離れ捻挫打撲・ひざの痛みなどを、高いレベルの手技で、また酸素カプセル、超音波治療、干渉波治療、牽引治療など機器も取り揃えて万全の体制で皆さんの辛い症状の改善・解消の治療を行っています。 ※四谷駅前治療院(はり灸整骨院)は医療機関・弁護士事務所と提携しているので安心して通院していただける治療院です。

 

日頃のボディケアも四谷駅前治療院(はり灸整骨院)にお任せください。鍼灸・マッサージ・整体ストレッチ美容鍼酸素カプセル。毎日のお仕事・家事の疲労、スポーツ後の疲労、呑み過ぎなど溜まった疲れを溜め込まないで、疲れを解消しにきてください。施術後、身体が嘘のように軽くなりますよ。

パルス鍼
マッサージ
酸素カプセル