四谷駅前治療院ブログ

四谷のはり灸整骨院

四十肩】について②

四十肩のにマッサージ

こんにちは四谷駅前治療院(はり灸整骨院)ですウインクキラキラ

本日も前回とりあげた肩関節周囲炎(四十肩五十肩)についてお話していこうと思います。

 

前回お話したのは、障害される筋肉(回旋筋腱板、以後腱板と表記)や他の軟部組織についての解剖でした。

 

今回は簡単ではありますが、この疾患のフェーズ(周期)について考えますひらめき電球

こういった疾患に関しては、腱板や軟部組織のことも考えて施術し、後にリハビリをしていく必要があります。

四十肩にパルス鍼

<第1フェーズ> 疼痛期(炎症期)→2∼3週間(※目安です)

原因がなく、いつの間にか肩に違和感やだるさ、少しの硬さなどが出始め痛みが生じます。痛みにより腕をあげられなくなり、次第に内外側やすべての角度に対しての可動域制限が現れて痛みは強くなっていきます。

痛みは何もしていなくても強くなることも多く、寝ている時にも痛みで起きてしまうこともしばしばです。これを夜間痛といいます。

 

<第2フェーズ> 拘縮期(凍結期)→疼痛期が終わってから約半年~1年程度

疼痛期が終わったのち痛みが徐々に緩和されていくと、可動域制限が主になる時期です。筋肉や腱、他の軟部組織が原因で拘縮を起こすことで肩の可動性が落ち、最終域などでは痛みが出てしまう場合があります。

痛みは軽減されて日常ではある程度制限はあるものの、苦にはならないと思います。ですが、この期間は長く根気が必要になります。

 

<第3フェーズ> 回復期(解凍期)

何もしなくても少しずつ可動域制限が改善されていく時期です(オワッター!)。

ですが、痛みや拘縮が残ってしまうケースがあり、また痛みが無くても拘縮が生活動作に支障をきたすレベルであればしっかりと治療した方がいいでしょう。

この疾患のつらいところは第1,2だと思います。この時にいかにコントロールできるかが重要です。自分がどのフェーズにあるのか、何をするべきなのかわからなく過ごしている方、我慢している方には是非ご相談していただけたらと思います。

 

四十肩について③に続く

四十肩の症状に合わせた治療方法について書いていきます。

四谷駅前治療院(はり灸整骨院

JR四ツ谷駅四谷口から徒歩2分、地下鉄2番出口から徒歩30秒

平日10:00~21:30

土曜10:00~15:30(日曜祝日は休診)

東京都新宿区四谷、四ツ谷、四ツ谷駅、四谷三丁目駅、市ヶ谷駅、曙橋駅、新宿区四谷、四谷しんみち通り、M&Mビル7階にあるはり灸整骨院です。お近くに在住在勤在学の皆様、交通事故治療・マッサージ・鍼治療・むち打ち・寝違え腱鞘炎四十肩腱鞘炎坐骨神経痛肉離れ捻挫打撲・ひざの痛みなどを、高いレベルの手技で、また酸素カプセル、超音波治療、干渉波治療、牽引治療など機器も取り揃えて万全の体制で皆さんの辛い症状の改善・解消の治療を行っています。 ※四谷駅前治療院(はり灸整骨院)は医療機関・弁護士事務所と提携しているので安心して通院していただける治療院です。

 

日頃のボディケアも四谷駅前治療院(はり灸整骨院)にお任せください。鍼灸・マッサージ・整体ストレッチ美容鍼酸素カプセル。毎日のお仕事・家事の疲労、スポーツ後の疲労、呑み過ぎなど溜まった疲れを溜め込まないで、疲れを解消しにきてください。施術後、身体が嘘のように軽くなりますよ。

背中マッサージ
臀部に鍼治療
美容鍼