四谷駅前治療院

新宿区四谷のはり灸整骨院

腱鞘炎(けんしょうえん)について

手首腱鞘炎

今回は手の腱鞘炎についてのお話を。

手の腱鞘炎は『ばね指』や『ドケルバン病』があります。
今回とりあげる疾患は『ドケルバン病』という手首の腱鞘炎です。
『ドケルバン病』とは、親指の付け根くらいから手首にかけての腱鞘炎で、手首や親指の運動障害を引き起こすものです。

なぜそのようなことになってしまうのか原因を考えます。

手の平側を表とし、甲側を裏とします。
手の筋肉は表裏、肘~前腕からはじまって、その途中から腱に移行して手に向かいます。手首(手関節)周囲には支帯というベルトのようなものがあり、その下を腱が通過します。そして、この裏側の支帯にかけては、腱が区画に分けられていて、その区画は6つ存在します。ドケルバン病とはその第1区画にまとまる長母指外転筋と短母指伸筋腱の腱鞘炎です。
 

原因としてはやはり使い過ぎによるものがほとんどになります。
治療は基本はなるべく使わないように、うまく制限しながら生活することです。そして、うまく制限しながら同時に超音波治療の治療をしていくのがおすすめです。急に良くなるものではありませんので、少しづつ治療しながら様子を診ていく疾患になります。


数週間から数ヵ月治療してみて、あまりよくならない場合はやはり医師に相談することが大切です。お薬の服用や患部に対する注射なども同時にしつつ経過を見ます。


腱鞘炎は慢性化してくると治りにくくなりますので、早めの治療をおすすめします。

ここのところ、腱鞘炎で悩まれている患者さんが多いように感じます。痛みがあるけれども、どうすれば良いのかわからないなどでも是非、四谷駅前治療院(はり灸整骨院)へご相談にいらしてみてください。

四谷駅前治療院(はり灸整骨院

JR四ツ谷駅四谷口から徒歩2分、地下鉄2番出口から徒歩30秒

平日10:00~21:30

土曜10:00~15:30(日曜祝日は休診)

東京都新宿区四谷、四ツ谷、四ツ谷駅、四谷三丁目駅、市ヶ谷駅、曙橋駅、新宿区四谷、四谷しんみち通り、M&Mビル7階にあるはり灸整骨院です。お近くに在住在勤在学の皆様、交通事故治療・マッサージ・鍼治療・むち打ち・寝違え腱鞘炎四十肩腱鞘炎坐骨神経痛肉離れ捻挫打撲・ひざの痛みなどを、高いレベルの手技で、また酸素カプセル、超音波治療、干渉波治療、牽引治療など機器も取り揃えて万全の体制で皆さんの辛い症状の改善・解消の治療を行っています。 ※四谷駅前治療院(はり灸整骨院)は医療機関・弁護士事務所と提携しているので安心して通院していただける治療院です。

 

日頃のボディケアも四谷駅前治療院(はり灸整骨院)にお任せください。鍼灸・マッサージ・整体ストレッチ美容鍼酸素カプセル。毎日のお仕事・家事の疲労、スポーツ後の疲労、呑み過ぎなど溜まった疲れを溜め込まないで、疲れを解消しにきてください。施術後、身体が嘘のように軽くなりますよ。

整体ストレッチ
マッサージ
膝の超音波治療